お知らせ

【相続法改正について】 特別の寄与

旧法では、相続人ではない親族(例えば長男の妻)が被相続人の介護や看病を献身的に行っていても、相続権はありませんでした。

今回の改正では、このように無償で被相続人の療養看護に貢献し、被相続人の財産の維持または増加について特別の寄与をしたと認められる親族(特別寄与者)
は、相続人に対して特別寄与料(金銭)を請求することができる「特別の寄与」という制度が設けられました。

——————————————————————————————————————————
(特別の寄与)
第千五十条 
被相続人に対して無償で療養看護その他の労務の提供をしたことにより被相続人
の財産の維持又は増加について特別の寄与をした被相続人の親族は、相続の開始後、相続人に
対し、特別寄与者の寄与に応じた額の金銭(以下この条において「特別寄与料」という。)の
支払を請求することができる
——————————————————————————————————————————